うにうにについて

考察は愛だと思う

日テレドラマ

こんばんは。考ペンことうにうにです。

Twitterで考察的なことをつぶやいていたら、フォローしてくださる方が増えて、

ひぇぇとなっている気弱なぺんぎんです。

いいねやRTありがとうございます。

今回は、私がなぜ考察をしているのか?について書きます。

お時間のある方は読んでみてください。

「自分の頭で考える」をしたい

私があな番を考察(という程のものではないけど)する理由は、

ただただ、自分の頭で考えるのが楽しいからに尽きます。

もともと菜奈や翔太のようにミステリーが大好きで、

小学校低学年から、推理小説を読み始め、

コナン、金田一は何十回読んだか覚えていないくらい

高校の頃は、古畑のサントラを聞きながら通学してました(笑)

社会人になってからは、

ミステリー映画を見まくったり、脱出ゲームに参加したり。

ストレス発散は、推理小説の一気読み。

光に集まる虫のように

」があるところに引き寄せられていく。そんな性質があるようです。

今までドラマの考察というのをしたことがなかったのですが、

あなたの番ですは2クールということもあり、

伏線がめちゃくちゃ多く、人物毎の謎が膨大にある。

それがハマれたきっかけだと思います。

ドラマを見て違和感を持ったことを、

調べたり、掘り下げていったり、

他のエピソードとの繋がりを見つけたり

制作側の意図を考えてみたり。

これがとにかくめちゃくちゃ楽しい。わくわくがやばい。

没頭していると、あっという間に5時間とか経っていますw

今は自営業ということもあり、時間に余裕があるため、

好きなだけ没頭できるのもうれしいです。

こんなにハマれることがあるって最高ですね。

生きててよかったって思います。

秋元さんや脚本家の福原さんはじめ、

制作に関わる全ての人に超絶怒涛の感謝をしています。

考察は愛だと思う。

自分の時間も、マインドシェアもささげてて、ひたすらドラマについて考える。

この表情にはどんな意図が隠されているんだろう?

ここでどうしてこんな言い回しをするんだろう?

些細な違和感、心のザラつき、それを丁寧に検証していく。

作り手との対話。

現国のテストであった「作者の気持ちを書きなさい」っていうアレ。

毎日考えすぎて、夢にも出てきます。

このこみ上げる気持ちが愛でないなら、何が愛がわからないほど(by Superfly)

あなたの番ですの本当の意味って

「(ドはまりするのは)あなたの番です」でしょうか。

ひとりの人間をそこまで熱中させるドラマって、すごいと思います。

たくさんの情報と付き合う

ネットには、色々な考察が飛び交っていますよね。

自分で考えることが目的である私にとっては、

人の発見を見ることや

考えを知ってしまうことはもったいないと感じます。

どうしても自分では探せない資料を検索することはありますが、

見解的なのは出来る限り見ないように気を付けてます。

しかし

なんせ考察的なのをはじめたのが10日前くらいなので、

未検証の事が山積み・・・。

本当は1話から丁寧に全部検証し直したい。でも時間がない。

なんでもっと早く始めなかったんだろう・・・

つい10日前までは、

まさかこんなにハマってるとは想像もつかず

ドラマ考察の面白さにも気付いてなかったんですよね。

すでに反撃編に突入しちゃってるので

毎週の考察+前のクール分の復習となると、圧倒的に時間が足りない。

一日100時間欲しい。

あと、疲れない目がほしい・・・(ずっと画面を見ているので眼精疲労が深刻)

最後まで走り抜けて

昔からそうだったのですが、

物語の起承転結、「転」まではすごく楽しめるのですが、

結になると急に興味を失うパターンが多いんですよね。

映画でも、初めは謎だらけでわくわくドキドキだったのに

転あたりで急に犯人が考えられないようなボロを出したり、肉弾戦に突入する。

そこらへんで、「もういいかな」ってなります。

あと、展開が読めた瞬間、興味がなくなり、それ以降一切読まなくなったりします。

熱しやすく、冷めやすい典型ですね。。

あな番に対してはどうか、最後まで興味と情熱を失わず、楽しみ切りたいなって思っています。

福本(脚本家)さん、どうかひとつよろしくお願いします。

以上です。(眼精疲労がピークに達し、唐突に終わる)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご意見ご感想があれば下記からください。↓








ABOUT ME
うにうに
考えるペンギン。略して考ペンです。 今日も脳をうにうにさせて人生を味わっています。 麻婆茄子が好きで毎日食べてます。 美味しい麻婆茄子情報があったら教えてください。